最大10,000ポイントが毎日当たる!楽天ラッキーくじ
Home >>  - >> スポンサーサイト
Page: 2/6  <<  >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | pookmark | category:-
Home >>  松田優作 酒 >> 松田優作 酒 オールドクロウ 116

松田優作 酒 オールドクロウ 116

松田優作さんが愛飲していたバーボンの銘柄はオールドクロウ。

下北沢にある某バーでは、いまでも優作さんのボトルがキープされています。

マスターいわく「優作さんがいつでもふらりと戻ってきて戻れるように」

ちなみに、ボトルキープの番号は、「116」。

そう、松田優作さんの命日は11月6日なのです。

オールドクロウは、バーボンの中では比較的安めのお酒ですが、ワイルドターキーやI.W.ハーパーなどのバーボンにくらべると、かなりタフで豪快な味です。

まさに優作さんのような男っぽい手ごたえのお酒といえるでしょう。

オールド クロウ 700ml
オールド クロウ 700ml

 
matsudayou | comments(0) | - | pookmark | category:松田優作 酒
Home >>  松田優作 映画 >> 松田優作 映画 初監督作品「ア・ホーマンス」

松田優作 映画 初監督作品「ア・ホーマンス」

昔のコミックファンならば、ア・ホーマンスといえば、狩撫麻礼・原作、たなか亜希夫・画のマンガを思い浮かべるかもしれません。

双葉社の「漫画アクション」に連載されていた作品ですね。

しかし、我らが優作ファンからしてみれば、なんといっても、松田優作が監督と主演をつとめた映画!につきるわけです。

さらに、A.R.B.の石橋凌もこの作品で映画デビューを飾っています。

また、ジーパンや探偵物語や俺たちの勲章が好きな者にとってみれば、久々のアクション映画。

そう、しばらくは「陽炎座」や「それから」などの文芸モノの映画がかりでしたからね。

どんな映画なのかといえば、簡単にひとことで言ってしまうと、アクション・ハードボイルドですね。

「やくざ抗争に巻き込まれる記憶喪失の謎の男」というのが役どころ。

小池要之助監督と意見が合わず、結局シナリオを大きく書き換え、助監督が降板後、たった17日で制作してしまったという伝説の作品でもあります。

この映画の評判は、公開当時は惨憺たるものだった記憶があります。

やれ、『ブレードランナー』に似ている、『ターミネーター』に似ている、ハリウッド映画のパクリではないか等々。

でも、個人的には、この映画、さすが、松田優作色がメガホンを取っただけあって、優作色が色濃くでた作品だと感じています。

皆さんはどうお感じになられますか?


ア・ホーマンス [DVD]


ア・ホーマンス [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • メディア: DVD



 
matsudayou | comments(0) | - | pookmark | category:松田優作 映画
Home >>  松田優作 映画 >> 松田優作 映画 狂気漂う伊達邦彦の演技

松田優作 映画 狂気漂う伊達邦彦の演技

大藪春彦原作の「野獣死すべし」は、、仲代達矢や藤岡弘、が主演を張った映画もあったりと、何度も映像化された作品ではあります。

伊達邦彦という戦争で心に傷を受けたダークヒーロー演じるには、やはりどこか陰りのある役者が相応しいのですが、やはり松田優作バージョンを最高傑作に挙げる方は多いのではないかと思います。

やっぱり、演技に対する優作の熱の入れようが凄まじいですからね。
クランクインの前には、スタッフとしばらく音信を絶っています。

理由は、「役作りのために少し時間が欲しい」。

消息を絶っている間、優作は10kg以上減量し、奥歯を4本も抜いて頬をこけさえました。

1ヶ月近く消息を絶って撮影現場にあらわれた彼の変わりように、監督は激怒したという逸話さえも残っているほどです。

また、一切まばたきをしないで、長い台詞を延々と喋るシーンにはホンモノの狂気なオーラが漂ってさえいるようです。

それほどまでに役作りに没頭する執念たるや尋常ではない鬼気迫るものを感じさせます。

このような空気が、スクリーンから我々は感じ取るのでしょうね。

もちろん、「太陽にほえろ!」のジーパンや、「探偵物語」の工藤ちゃんの魅力も捨てがたいですが、テレビドラマとは一味もふた味もちがう優作の魅力が、スクリーンからは放たれていたのです。
 
野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]


野獣死すべし デジタル・リマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD


 
matsudayou | comments(0) | - | pookmark | category:松田優作 映画

Bookmark


Category

recomend


Link

Entry

Archives

Feed

SEO Parts

  • SEOブログパーツ
seo great banner

Sponsored Links